副業でも確定申告は必要なの?

本業の収入が少なくて心配・・・。
副業としてチャットレディを始めたいけど会社に内緒で働きたい・・・

確定申告によって周囲にバレてしまうことはないの?

副業でチャットレディとして働いている女性が増えてきました。
そんな中、1番の心配事として挙げられるのが「会社バレ」

会社で副業が禁止されている・・・。

副業はOKだけど、働いていることがバレたくない。

など理由は様々だと思います。

今回は、副業でチャットレディとして安心して働いていただけるように会社バレ防止の対策について紹介していきます!

副業のチャットレディで確定申告が必要なケース

確定申告はいくらから?

副業がバレてしまった・・・

と会社にチャットレディのお仕事が知られてしまう原因の1つが「確定申告」です。

確定申告では「所得税」という税金を確定して申告をすることになります。

所得がいくら超えたらと確定申告しないといけないの?

基本的にはチャットレディのみならずどんなお仕事で所得が1円でも発生する場合は行わなければならないとされていますが、本業と副業で確定申告を必ず行わなければならないとされる金額の基準が設定されています。

副業として働いている場合

「所得20万円以上」は確定申告が必要
「所得20万円未満」は確定申告が不要

本業の会社で働いている分の所得は年末調整で確定されますが、チャットレディ分の所得は自分で計算しなければなりません。
チャットレディとしての所得が「20万円」を超える場合は、必ず確定申告を行いましょう。

本業として働いている場合

「所得48万円以上」は確定申告が必要
「所得48万円未満」は確定申告が不要

「所得」は1年間に得た「収入」から「経費」を差し引いた額のことです。
「所得」に税率をかけて計算されるのが「所得税」になります。
本業チャットレディとして働いている方は、基礎控除額として最低限差し引いていただける額が「48万円」あるため、「経費」「控除額」を引いて48万円を超えない場合は確定申告を行う必要がありません。

確定申告の対象なのにも関わらず未納・未申告だった場合、「脱税」をしたことになってしまいます。会社や家族にバレてしまうリスクが高いですし、高額な追徴課税を支払わなければいけなくなってしまいます。
忘れず期日内に確定申告を行いましょう。

どんな時に確定申告が必要?

・副業チャットレディは、所得が20万円を超える時には必要。
・本業チャットレディは、所得が48万円を超える時には必要。

※振り返りになりますが、所得はチャットレディの収入から経費を引いた金額です。
収入とは異なるので、注意しましょう。

おすすめ記事 チャットレディの確定申告ってどうやるの?

住民税に注意

収入に応じて金額が変わる税金として「住民税」があります。
住民税は前年度の収入を元に、今年度収める住民税の金額が決定される税金です。副業で多く稼いで確定申告を行った分だけ翌年の住民税は高くなります。

住民税は貴女自身で手続きを行わない限り、本業の所得から副業分の所得も合わせて自動的に天引きされてしまいます。

〇〇さんは給与が〇〇円なのに、住民税が〇〇円の通知が来ている。おかしい・・・

と会社の経理担当が貴女の住民税の額が多いことに気付き、副業を行っていることがバレてしまうのです!

じゃあ、どうしたらいいの?

確定申告書を作成する際、「住民税を普通徴収する」にして申請しましょう。

上記の表の確定申告書B 第二表の住民税に関する事項欄に「特別徴収」と「自分で納付」のチェック欄があるので「自分で納付」の方にチェックすればOK!
そうすれば、副業分の住民税を貴女自身で納めることになります。会社には給与分の住民税の金額だけが通知されることになり住民税の金額から会社バレするリスクを避けることが出来るのです。

確定申告したら会社にバレるの?

確定申告をしたら、会社バレることはないの?

と心配している方。安心してください!
確定申告をしてもバレないコツをお教えします。

確定申告をしてバレる原因。
それは、所得が増えて支払う住民税が高額になってしまったというケースです。
バレないように働くためには、会社に通知される住民税が高額にならないようにすれば良いのです。

副業でチャットレディとして働く場合は、「普通徴収」を選んで自ら住民税を収めることで会社バレを防ぐことが出来ます。

確定申告の対象ではない場合の住民税は?

年間所得が20万円以下だった場合は?

確定申告は不要ですが、「住民税の申請」は必要です。
住民税は働いて1円でも収入を得ている場合、必ず何らかの形で申請しなければなりません。

住民税の申告書は地域によって書式方法が違います。
お住まいの市役所や区役所の内容を確認して手続きを行いましょう!

周囲に話さないように注意しよう

副業が会社にバレてしまう原因として「周囲の人に話が漏れた」というケースです。

「誰にも言わないでね・・・」と信頼出来る会社の同僚に伝えたとしても、周りで誰が聞き耳を立てているかわかりません。貴女が直接打ち明けた相手じゃなくても周りで聞いていた人が周囲にリークして会社にバレたということもあるようです。

会社にバレずに働くのであればチャットレディの話をしなくても「確定申告」「副業」などのワードや話題をしないように注意しましょう!

特に副業禁止の会社であれば、バレてしまった場合に副業について問い質されペナルティを科される恐れがあります。
また周囲に話さなかったとしても、社内のパソコンで副業や確定申告について調べないことがオススメです。ネットワーク監視をしている会社も昨今増えてきています。
ネットワーク自体を監視しているので、自分のパソコンの検索履歴を消去してもデータが残ります。バレないように対策を徹底して行いましょう。

まとめ

副業で働く場合は「所得が20万円以上」あれば確定申告の対象となります。ただし「所得が20万未満」であっても住民税を必ず支払う義務があります。忘れず申告をしましょう。
また確定申告については、今後の記事で詳しく内容ややり方を解説していきますので次回もお楽しみに。確定申告や住民税など税金問題について分からないことがあったらチャットレディの運営スタッフや税理士さんに相談してくださいね。

ご応募はこちら!

在宅仮登録
通勤面接応募
LINEで
お問い合わせ
お仕事ページへ
ログイン